看護部の取り組み

看護部の取り組み

―季美の森リハビリテーション病院の看護を一緒に担うあなたへ―

看護部長/尾出 真理子
看護部長 尾出 真理子

【資格】
・看護師免許
・認定看護管理者
・キャリアコンサルタント

令和2年度より看護部長に就任いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。看護部は、新たに上加世田副看護部長を迎え、看護部職員数88名でスタートを切りました。
 開院以来、多職種と協働しながら一丸となって築き上げてきた看護部理念「おもいやり」の精神を引き継ぎ、当院を利用していただいている皆様に今まで以上に貢献できるよう努めてまいります。
 今年度看護部では開院7年目を節目として、「みんなの思いを形に」というスローガンを掲げ、患者さん・ご家族の思いや看護職員一人ひとりの思いの実現にむけて取り組みます。

―理 念―

季美の森リハビリテーションでは、働く仲間を随時募集しています。
理念

あなたの急性期病院での経験を回復期リハで活かしてみませんか。さらに季美の森で回復期リハビリテーション看護を追求したいと思っている方も大歓迎です。 まずは患者さんの尊厳を守る基本的な看護援助技術をしっかり身に着けて、回復期リハビリテーション看護の専門職として看護力をアップしていこうと考えている新卒者の皆さん、共に成長していきませんか。

―基本方針―

  1. 1.患者さんの人権及び価値観を尊重します
  2. 2.患者さんが主体性を発揮できる環境を整え、「待つ看護」を提供します
  3. 3.「ぬくもりのある手」であたたかな看護を提供します
  4. 4.常に最善のリハビリテーション看護を提供できるよう、自らの人間性と専門性を高めるように努めます
  5. 5.笑顔で働ける職場づくりに積極的に参加します

 季美の森リハビリテーション病院では、急性期治療から回復期リハビリに移行された脳外科疾患や整形外科疾患、廃用症候群等の患者さんを対象としています。
 患者さんや家族にとっての思いの実現に向けて、セラピストやMSWをはじめとする多職種とのカンファレンスも活発です。
 回復期リハビリテーションを専門とする看護職として、 <患者さんの未来(あす)の暮らしを共に考え、治し支える医療へ>の病院理念を実現するチームの一員として、そして、職員一人ひとりの看護への思いの実現に向けて、看護を語り合い、多職種とともに成長しあえる看護部をめざし日々研鑽を積んでいます。
 今年度看護部では開院7年目を節目として、「みんなの思いを形に」というスローガンを掲げ、活動の基本方針としました。

患者さんの思いを形に:

  • *患者さん・ご家族の気持ちに寄り添いながら、生活者としての視点を大切に未来(あす)の暮らしを共に考えていきます。
  • *院内及び地域の多職種との協働により、おもいやりのあるリハビリ看護を行います。
  • *重大事故を防ぎ、多職種と連携の取れた安全な療養環境の確立に努めます。

看護職員一人ひとりの思いを形に:

  • *看護職員一人ひとりの看護への思いの実現に向けて取り組みます。
  • *回復期リハビリテーション看護の専門職としての自覚を持ち、看護の質向上とキャリアアップをめざし実践力を磨きます。
  • *多職種とともに成長しあえる職場環境づくりに努めます。
  • *ワークラーフバランスを整えより働きやすい職場環境となるように、一人ひとりが主体的に部署運営に参画します。

病院準備室より

「こんな看護師募集中!」

「もっとじっくり患者さんやご家族に関わりたい」
「処置に追われない看護がしたい」
「もっとやりがいのある看護がしたい」
「笑顔で働きたい」「子育てと仕事を両立したい」などなど
「こうしたい~ ああしたい~ 」を
私たちと一緒に実現しませんか。

やる気のあるあなたを募集中!